「あの年の盛岡1896」制作発表
「あの年の盛岡1896」制作発表を盛岡劇場メインホールホワイエで本日(1月17日)開催いたしました。
名古屋からおいでいただいたドラマドクターの佃典彦さん、ゲスト出演する宮古市の劇団「劇研麦の会」会長の田代美津子さんのほか、実行委員や演出、関係スタッフ集まっての記者会見です。   新聞社4社、テレビ局2社が来館してくださいました。                    今回の会見の目玉は、物語の縦糸となる盛岡の芸妓さんにちなみ、芸妓に扮した衣裳スタッフの福田さんが、車夫に扮した出演者の三谷さん引く人力車で登場するところです。美しい芸妓姿に、出席者は感嘆の声を上げていました。                               質疑応答も盛り上がりました。
「あの年の盛岡」シリーズを通してのコンセプトは? 今回の見どころは? 被災地の劇団が参加するにあたって、どのようなことを考えたのか? ドラマドクターはどのような役割であるのか? 
さまざまな質問に実行委員会メンバーがひとつひとつ丁寧に答えていました。
オリジナルTシャツについての質問もありました。(好評です!)

そのすべてはここに書き記せませんが、
制作発表を終えてみて、公演成功に向け、大きく一歩踏み出した実感がありました。

ぜひ多くのお客様と、この公演の感動を共有したいと思います。
キャスト、スタッフの皆さんも、本番に向け、一層のふんばりを期待します!

事務局・新沼 記
c0098311_17224772.jpg
c0098311_1723820.jpg

[PR]
by moriokashimin | 2013-01-17 17:25 | 制作発表
<< 初めての合同稽古! がんばって行きましょう >>



劇団モリオカ市民[モリオカの人の、モリオカの人による、モリオカの人のための演劇の広場] 
by moriokashimin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
公演情報
第6回盛岡劇場
「劇団モリオカ市民」公演
あの年の盛岡 2011

2017年
3月4日(土)14:00/19:00
3月5日(日)14:00

盛岡劇場メインホール
[盛岡市松尾町3-1]

〈前売券〉1,000円(公演日時指定、自由席)
〈当日券〉1,300円

[チケット販売所]
カワトク・フェザン・岩手県民会館・プラザおでって・シグ アートギャラリー・盛岡市民文化ホール・キャラホール・姫神ホール・盛岡劇場
カテゴリ
全体
公演について
制作発表
イベント
練習風景
スタッフ作業
掲載記事
お知らせ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2007年 12月
2007年 08月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧